セラミドとは?

セラミド化粧品

セラミドは人間の肌の角質層に存在する油溶性の成分と言われています。
セラミドが減少するとバリア機能が果たせなくなるため外部からの刺激をダイレクトに受け止めてしまうと言われ、敏感肌や炎症によって肌の状態が悪くなってしまうとされています。
既に保有している保湿成分なども失われ続けていくので現状維持さえもできなくなると言われています。

 

そのため通常のコスメであれば塗布してから間もなく外部に成分が放たれていくのですが、セラミド化粧品であれば肌に馴染んだ後、セラミドを補いながら保湿をサポートし、細胞の状態も整えてくれると言われています。

 

セラミドには複数の働きがあると言われていますが、やはり最も大きく知られている潤いを高められるという事です。
肌への馴染みが良いため通常の水が届かない所まで水分を抱え込んだまま連れて行ってくれるとされているので、水分が肌に蓄えられ、指で押した時の反発力に圧倒的な違いを感じます。

 

セラミド化粧品を使うと肌のキメが細かく見えるので見た目が若々しい印象に見えるという印象があり、目には見えない程微細なウイルスでさえも入り込む事を軽減してくれると言われています。
吹き出物などの予防にも繋がると考えられており、自身の汗などが溜まり続けることも軽減されるので、再発しやすかったニキビが無くなるといった恩恵もあります。

 

セラミドの保湿力とその原理とは?

人間の肌の角質部には小さな細胞が詰まっているとされ、それぞれの間にあるのがセラミドであり、油分と水分を保持したままその場で留まっていると言われています。
いわゆる水々しいというのは保湿力を保っている2つの成分が関係していると言われ、見た目や触り心地にカサつきがある時には片方もしくは双方が損なわれている状態と言われています。

 

一言で角質層とは言っても人間の身体にはいくつもの層があり、複数層が重なり合うことで健康体が成り立っているとされていますが、それらは単体では都合が悪くて連携も行えないとした欠点があるそうです。
複数あるものを繋ぎ合わせているのがセラミドと言われ、専門用語では細胞間脂質と呼びますが約50%の割合となるとされ、乾燥が原因の痛みを軽減したり、切り傷などの怪我から守ってくれているそうです。

 

ただし、年齢を重ねていくうちに食生活や生活習慣が優れていたとしても減少の一途を辿るので、次第に自発的に外部から補充してあげなければならないとも言われています。

 

ヒト型セラミドとは?

セラミドには、ヒト型セラミド、合成セラミドという2つの合成由来のものと、天然セラミドと植物性セラミドという2つの天然由来のものがあり、全部で4種類があります。
4つの種類がある中で酵母を活用して生成が行われたものをヒト型セラミドと呼んでおり、通常タイプよりも尚更浸透と保湿に長けていて、肌への刺激が優しいものを利用しても肌に痛みを感じる人でも使えるほど低刺激性のものと言われています。
可愛らしさすら感じられる名称が特徴的ですが、その名の通り人々の人体構造に倣って化学構造を構成して研究された成分であるためです。
さらにますます研究は活性化していて2010年には日本で世界で最も小さなサイズにさせる実験が成功し、濃縮率が高まった上に9倍も染み渡らせられるようになったとされています。

 

セラミドを減らさないようにするための洗顔

セラミドは肌に存在していますが、クレンジングや洗顔で失ってしまいます。
あまりにも何度も洗顔したり、長時間のクレンジングなどでセラミドの量は減ってしまうと言われています。
なるべく短時間で洗顔して、すすぎのお湯の温度は人肌程度(33度から37度程度)が良いと言われています。
ゴシゴシと強くこするのもセラミドの低減を進めてしまうと言われているので、乾燥しやすい箇所などは泡でそっと触れる程度でよいと思います。

 

セラミド

 

セラミド化粧品とは?

セラミド化粧品とは、セラミドが含まれているコスメのことを指します。
代表的なものに、ローションや美容液、化粧水やクリームなどがあります。

 

セラミドを含んでいる化粧品を使ってみると、手にとって塗り広げた直後からまるで蒸発しているような錯覚を覚えるほど、速やかに表皮上から消えていく使い心地に驚きます。
セラミド化粧品は、他のコスメと比べて肌との馴染みに優れている印象があり、様々な肌質の方が使ったとしても滲みる不快感などは感じにくいと思います。
まるで水分が不足している箇所に向かって必要量が行き渡っていくような実感があります。
肌の水分量が増えることで美肌に見えると実感も得られました。

 

セラミドを含んでいるコスメの中には、エラスチンやコラーゲンが含まれているものもあり、セラミドはエラスチンの蒸発を防いでくれると言われています。
エラスチンを重視したコスメ選びをしている際でもセラミドが含まれているかを注目してコスメ選びを行うことも良いを思います。

 

ヒト型セラミドが含まれている化粧品で有名な商品

ヒト型セラミドは現在においても熱心な研究が盛んに行われている上に、新規参入する企業が多いので買い求められる化粧品の種類も豊富になっています。
そのためコスメブランドの他に製薬会社や喉を潤す際に口にする清涼飲料水やジュースを製造販売しているメーカーも見られます。
そうした中、特に人気が高くてリピーターが多いのは製薬会社が開発し販売している化粧品であり、一つのセラミドに限らずに総合すると3つの種類が入っています。
製造時に使うと効率性が上がり保存期間も延長させられることから使われることが多いエタノールが入っていないことから、敏感肌の方でも使えたという人も多いようです。

 

冬期間でも就寝前に利用すると朝の起床時に全く乾いていないのが強く実感できるほどですし、定期便なら切らすことなく安定的に手元に置いておけます。

 

 

>>TOPページへ