酵素洗顔 使い方

酵素洗顔の使い方|敏感肌の方の洗い方ポイント

酵素洗顔女性

酵素洗顔は古い角質や毛穴をスッキリと洗えるものの、お肌に負担がかかるのでは?と気になっている方も多いですよね。

 

酵素洗顔は正しく使えば、肌のターンオーバーにも関わる古い角質や毛穴の汚れをスッキリとさせながら、密度の濃い泡で肌に負担をかけずに洗うことができます。
ここでは酵素洗顔の使い方についてご紹介したいと思いますので、参考にしてみてくださいね。

 

酵素洗顔の基本的な使い方

肌をぬるま湯で一度すすぐ

肌表面のホコリや汚れを一度ぬるま湯ですすぎます。その際の温度は高めではなく、あくまでぬるま湯がポイントです。水の温度は30〜32度くらいを目安にしましょう。

 

酵素洗顔をしっかりと泡立てる

酵素洗顔泡

どちらのタイプを使うにしてもきちんと泡立てる事が基本です。泡立てが苦手、時間をかけるのが面倒という方は泡立てネットを使用して短時間でもしっかりと泡立てましょう。

 

モコモコな泡で洗うと肌にも負担をかけずに汚れを洗い流せます。泡立て方も空気を含ませる様に泡立て、きめ細かな泡を意識するのがポイントです。

 

顔に泡を乗せていく
  1. 鼻やTゾーン、おでこから泡をのせ、そのままこめかみまで広げていきます。小鼻や眉間は皮脂も多く黒ずみやすい箇所ですので、優しく泡をつけ、指の腹でクルクルと洗いましょう。
  2. 次に頬に泡をのせていきます。頬は皮脂量も少ないのでこすらず泡で肌に馴染ませることを意識しましょう。
  3. 最後に目元、口元ですが、皮膚が薄い箇所ですので、力を入れすぎないように注意して優しく泡を馴染ませていきましょう。

 

すすぎは丁寧にこすらずに流す

すすぎもぬるま湯で顔の泡を落とすイメージで20回以上を意識してすすぎましょう。
こするように落とすのではなく、流すイメージがポイントです。すすぎ残しが多い髪の生え際などはしっかりとすすぎましょう。

 

パウダータイプを使う時のポイント

パウダータイプは固形石鹸で慣れている方は、泡立てるのに慣れないかもしれませんが、手にパウダーを取って水を少し馴染ませた後、泡立てネットと共に泡立てていきます。

 

パウダータイプは石鹸タイプよりも空気に触れることなく保管できるので、品質面での劣化が少ないため、清潔に保ちながら使える点が人気です。逆に湿気によって水分を含んでしまうことは酵素パウダーの良さを損ねてしまうので、しっかりと容器のふたを閉めて保管しましょう。

 

キレイに洗顔した後はしっかりと保湿ケア

酵素洗顔浸透

キレイに洗い流せたら、保湿の為のスキンケアをします。角質や角栓、余分な皮脂が除去されるので化粧水、乳液、美容液での保湿は大切です。

 

乾燥肌の方などはその後にきちんとクリームを塗ってしっかり保湿対策をすることが大切です。

 

酵素洗顔をする時の注意点

酵素洗顔|注意点

洗いすぎは肌への負担がかかるので避けましょう酵素洗顔に限らず洗い過ぎは肌に負担をかけるので良くありません。

 

また、酵素洗顔には敏感肌の方用の優しく毎日洗顔できる酵素洗顔料もありますが、敏感肌の方、乾燥肌の方の場合、頻繁に行うと肌のつっぱりを感じる場合もあります。

 

洗い流した後の素肌の状態をチェックして、すぐに乾燥やつっぱりを感じるようでしたら、使用頻度を減らして使うことで、適度な角質や毛穴ケアになります。

 

まずは週1回を目安に使ってみて、自分のお肌に合うかどうかをしっかりとチェックすることも敏感肌の方と酵素洗顔の付き合い方だと言えます。

 

酵素洗顔ランキングはこちら

 

植物生まれで敏感肌にも優しい酵素洗顔

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
page top